UA-187998140-1
当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

<沖縄土産>那覇空港でしか買えない激レア菓子「紅ちゅらまん」の販売場所とは?

国内旅行

こんにちは!旅好きゆこ(@uco_trip)です。

沖縄に行ったら必ず買う、大大大好きなお菓子といえば「紅ちゅらまん」。

個人的に、数ある沖縄土産の中で一番美味しい!と思っているのですが・・・

この紅ちゅらまん、意外と知らない人が多い!

それもそのはず、

市内の土産店では取り扱いがなく、那覇空港でしか買えない
空港内ならどこでも買えるわけではなく、限られた店舗にしか置いていない

という、超レアものなんです!!

そこで今回は、紅ちゅらまんの美味しさの秘密空港内の販売場所をわかりやすく解説します^^

紅ちゅらまんとは?

紅ちゅらまん

「紅ちゅらまん」とは、那覇空港限定で販売されている紅芋まんじゅうのこと。

鮮やかな紫色の縁取りに、エイサーやシーサー、ハイビスカスに紅芋のイラストと、パッケージからして沖縄感満載で、お土産にぴったり♪

ゆこ
ゆこ

上の写真は簡易包装の4個入り(500円)ですが、紙箱に入った8個入り(1,080円)もあります。

個包装にも外装と同じイラストが描かれており、1個当たり125円と手ごろなお値段で、ばらまき土産にもよき♪

紅ちゅらまん(個包装)

中身はというと・・・

沖縄県産の「紅芋」と「黒糖」を使用した、直径約6㎝ほどの紅色のおまんじゅうです。

紅ちゅらまん

おまんじゅうといっても、外側の生地は温泉まんじゅうのようなふかふか系ではなく、驚くほどに薄い!

しかも、少しもっちりしています!

そして中には、黒糖のコクを感じる、舌触りの良いなめらかな紅芋餡がすき間なくぎっしり!

紅ちゅらまん断面図

生地も餡も、かなりしっとりしていて絶品です♡

見た目といい、生地と餡の質感といい、これって福岡の「博多通りもん」に似てない?

・・・と気づいたあなた、さすがです!

実は、「紅ちゅらまん」の販売元は沖縄にある『なはかた』という会社ですが、製造元は福岡の銘菓「博多通りもん」を販売する『明月堂』。

これはもう、美味しいに決まってます♡

博多通りもん好きなら、間違いなくハマりますよ♪

紅ちゅらまんの販売場所

紅ちゅらまんの那覇空港内販売場所【BLUESKY】

「紅ちゅらまんは空港内の限られた店舗でしか買えない」と最初にお伝えしましたが、販売場所はずばりここ!!

那覇空港 2F 出発ロビー【BLUE SKY】です!

▼那覇空港フロアマップ(2F)▼

青で囲った土産店が建ち並ぶエリアの、一番端っこにあるのが【BLUE SKY】

【BLUE SKY】とは?

JALのグループ会社、JALUXエアポートが運営する空港店舗。

人気の空弁や空パンのほか、お土産やスイーツ、トラベルグッズなどを販売しています。

ほかのお店では取り扱っていない紅ちゅらまんが、なんと山積みに!

BLUESKYで売られている紅ちゅらまん

ちなみに、BLUE SKYへの行き方はとっても簡単♪

空港2Fの出発ロビーに着いたら、JALやジェットスターの出発口となる「A」のゲートを目指すだけ!

お店はゲートの向かいにあるので、これで迷わずたどり着けるかと思います。

\支払いは楽天ペイがお得!期間限定最大20%還元!/

おわりに

紅ちゅらまんの美味しさの秘密那覇空港内の販売場所についてご紹介しました。

一度食べたら、その美味しさにハマること間違いなし!

飛行機に乗る前に、お買い求めをお忘れなく♪


\ガイドブックとはひと味違う沖縄情報が満載/
\その他の沖縄記事もCHECK!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました